“あたまの奥を覗けばスルスルと流れる ゆだるように暑い日のアスファルトの上の水たまり 油が描く虹色の模様のような”

バビロン・バンドの描く都市生活の夢と希望。それは工事現場の逃げ水に映る景色の濃淡に似た真実である。2012年結成。
60~70年代の模倣から始まるバビロン・バンドが、日本語ロックのあり方を追求した最新アルバムがついに完成。
スリ・ヤムヒ・アンド・ザ・バビロン・バンド2枚目となる10曲入りフルアルバム。

ジャケット写真は新井卓氏によるダゲレオタイプで撮影された。

2019年11月10日 boidより発売
https://boid.ocnk.net/product/163

¥2,000(本体価格)boid cdb 001


 

Videos

トルティーヤ


恋の諸相


Suri Yamuhi And The Babylon Band profile

Suri Yamuhi : Vocal, Chorus, Guitars, Piano
Shirabe Aizawa 相澤 調 : Guitars, Piano
Ryuta Mabuchi 馬渕 竜太: Soprano, Alto and Tenor Saxophones, Flute, Piccolo, Key Harmonica
Kohji Nishino 西野 公二 : Bass
Iwao Yamazaki 山﨑 巌 : Drums, Percussion

The Babylon Bandは、空族映画『バビロン2-THE OZAWA-』(相澤虎之助監督作品 2012年空族制作)のサウンドトラック製作のために結成された。
映画の主題のひとつはベトナム戦争。ザ・バビロン・バンドは当時の前線で聞かれた60年代のロック・ポップスを研究し、それらへのオマージュを捧げるアルバム『Exile of Babylon』を2012年にリリース。
その後Suri Yamuhiのボーカルを主軸に据え、Suri Yamuhi And The Babylon Bandとして、日本語による新しいロックを探求している。
アルバム”Suri Yamuhi”を2014年に発表。
その後空族映画『バンコクナイツ』や新作『典座 -TENZO-』などに楽曲提供。
2018年にはタイ、モーラムの人間国宝「Chawiwan Damnoen & Po Chaladnoi」のバックバンドを務める。